イギリスのオープンガーデンで、色々なガーデンスタイルを楽しむ

夏のコッツウォルズ旅行は、オープンガーデン(個人ガーデン)を楽しむチャンスです!

イギリス、コッツウォルズへご旅行に来られるお客様にはガーデンズ好きの方が少なくなりません。春から夏の間は各家の庭先に咲き誇る花の種類も豊富で、日本でも一般的なものから、日本ではなかなか見かけない植物まで、また、そのアレンジの仕方にも素敵だな、と参考にしたくなるものが多いです。

チッピングカムデンやスタントン、ロウアースローターなどなど、いかにもコッツウォルズらしいひっそりとした田舎村に行くと、各家の玄関先や家周りをちょっとした花や植木で整えているので、そうした家を見て回るだけでも楽しいものです。中にはかなり気合いの入った見せる為のお庭もかなり見受けられます。

ナショナルトラスト施設のような有名なガーデンもとても素敵ですが、こういった個人でガーデニングに情熱を注いている人の、作品とも言えそうなガーデンを見られるチャンスがNGS(National Garden Scheme)です。チャリティーイベントとして、特定の期間や日程で一般にお庭を公開するイベントです。中でも、日本からのご旅行者にオススメなのが、Stanton Village(スタントン ヴィレッジ)のオープンガーデンです。小さな村ですが、その中のおよそ15のお庭を散策して回ることができます。こちらの日程が今年2018年は、6月17日14:00-18:00となっております。もしこの期間にコッツウォルズへのご旅行をご計画中でしたら、この機会に訪れて見てはいかがでしょうか?他にも夏の間は各地でNGSのオープンガーデンとなっている所がございます。もしよろしければ、下もオススメですので参考にしてください。

Campden House : June 07(2018), 14:00 – 18:00 Admission Adult : £6

Blockley Gardens : June 10 (2018), 14:00 – 18:00, Admission Adult : £6

Awkward Hill Cattage : July 1 (2018), 14:00 – 18:00 Admission Adult : £3.5

ガーデンへの移動は?

公共の交通機関が少ないコッツウォルズで、村から村への移動にはタクシーの利用が必然となってきます。ガーデン巡りだけでなく、ほかの村への観光も兼ねて、1日を効率よく過ごすなら、1日ハイヤーサービスがお勧めです。貸切専用車にて各観光地へと送迎・待機いたします。タクシーを呼ぶのが不安、呼んだがなかなか来ない、待ち時間が長くなり無駄になってしまった、などのストレスを無くし、事前にアレンジすることで行かれたいスポットへゆったりとした気分で移動できるこちらのサービスをどうぞご利用ください。

コッツウォルド:イントロダクションビデオ

英国観光庁よりカントリーサイドを紹介するプロモーションキャンペーンが発足されました。

The “Countryside is GREAT” コッツウォルズを含むイギリスカントリーサイドは、文化やクオリティ高い食事とワールドクラスのホテル、そして美しいランドスケープを楽しめるところとして紹介しています。ご興味のある方、これからイギリス旅行をお考えの方は、こちらの new website をのぞかれてみてはいかがでしょうか。

下はその中の一つである ”コッツウォルド” のハイライトビデオになります。このビデオの中では、ブレナム宮殿、ヒドコットマナー&ガーデン、チッピングカムデン、ブロードウェイタワーが写し流されています。

Upper Slaughter footpath

フットパスウォーキング

コッツウォルズでの息抜きの一つにウォーキングが挙げられます。20分以上のウォーキングは、それだけでストレスの発散となり気分を爽快にさせてくれると言われていますが、のどかな田舎景色の中で爽やかな空気に包まれながらのウォーキングなら尚更のこと良い気分になれそうです。
距離も短く、観光客にも気軽に楽しめるルートでは、アッパースローター/ロウアースローター間の片道20分ほどのルートです。
ホテルローズオブザマナーの塀沿いからスタートするフットパスから、丘をあがり、羊が草を食むいくつかの草原の真ん中を突き抜け、ウィンドラッシュ川沿いに進むと、そこがロウアースローター村です。

どちらも大変のどかで静かな村ですが、ロウアースローターには、今はショップとミュージアムを兼ねた水車小屋があり、ちょっとした観光・休憩に最適です。

Bluebells in Foxholes Wood

イングリッシュ・ブルーベル

イースタホリデーも終わり5月に入った今、満開となっているのがブルーベルの花です。紫がかったような濃いブルーの花が茎から、いくつもぶら下がるようにして咲きます。
今回は、Foxholes Woods へウォーキングを兼ねてブルーベルを見に訪れました。写真はほんの1部ですが、木々の足下に広がるブルーと、この時期ならではの明るいグリーン、そして木漏れ日とが一体になって、美しい景色となっていました。

Foxholes wood へは、Kingham(キンガム)駅からタクシーでおよそ10分程度です。

Crickley Hill

丘からの眺め

土曜日の午後、雨を予感させる灰色の雲を横目にクリックリーヒル(Crickley Hill)へウォーキングにいきました。ここはナショナルトラストの管理下にもなり、いくつかのハイキングコースのほかコッツウォルズウェイの通過ルートにもなっています。
この日は子供達も一緒に1時間のトレイルコース(ハイキングコース)を歩きました。

写真は丘の頂上付近からの写真です。携帯電話で撮ったので質の悪い画像が残念ですが、美しい景色に思わず何枚もシャッターをきりました。
遠くに見える黄色いフィールドは何だかわかるでしょうか?4月のこの時期といえば、そうです。菜の花畑です。オイルとして利用するのが目的になります。

林を抜け、草を食む牛達の群れを横に通り過ぎ、丘からの眺めを見て、ぬかるみで足を泥んこにして。。。たった1時間のウォーキングですが、子供達にとっては立派な冒険に。大人達には気分のリフレッシュ、そしてちょっとしたエクササイズに。